2014年04月13日

名門Neumannパワードモニターの限定白モデル


レコードのカッティングマシン(正しくはカッティングレース)VMS70で世界を風靡したベルリンのGeorg Neumann(ゲオルグ・ノイマン)。レコードの音が良いのはNEUMANNが優れた録音環境を追求した成果です。ソニーには残念ながら成し得なかった人類への貢献。コンデンサマイクの開発メーカーとして現在もハイエンドなマイクを送り出すその名門が初めてつくったパワードモニターKH120Aはプロからオーディオマニアまで大絶賛!次世代のスタンダードです。そしてなんと、限定ホワイトカラーKH120AW が登場しました。


性能はどちらも等しく価格帯的に2ランク上のサウンドクオリティと、プロの道具としての使いやすさを保証します。マイクとスピーカーは役割も技術的にも表裏一体。さすが名門、門外不出のノウハウを満載してます。


 


我が家でも購入しましたので以下簡単にレビュー。音質についてはずばり予算10万~50万円の範囲なら、これが一番気に入りました。そしてリスニングポイントの広さ。ツイーターを後ろに下げてウーハーと面を揃えているので、耳の高さや視聴位置によっての音の変化が最小限に抑えられています。すなわちスイートスポットが非常に広く、部屋のどこにいてもびっくりな立体感(定位)が得られます。


 


低域、中低域、高域3点で設置環境に応じた補正ができるのも、非常によく考えられていて秀逸。さらに、側面や背面からほとんど音が出ず、無駄に振動を伝えないのも驚き!セッティング環境の影響を受けにくく、リビングでもベッドルームでも、当然ですがスタジオでも素晴らしく明瞭な音場が得られます。プロの道具として完璧。


 


アルミニウムの筐体も質感高く、この価格で本当に安い買い物。黒はさらに若干お安いのでどうぞお好みで。



 

(via saqai.com)


Posted by saqai.com at 2014年04月13日 11:10


最新記事はsaqai.comでご覧いただけます。
▲ メインページに戻る
← 一つ前の記事: LUMIX GM、パリColetteとのコラボモデル


酒井和郎が録音したレコード 酒井和郎

パンダニュースと旅行記 PandaLove.net

saqaicon.gifsaqai.com

Webmaster reco@reco-play.com


Syndicate this site (XML)


アナログレコードとDJと音楽配信ブログ Deep Link Permitted.
All rights reserved.